公募展 行動展

寺田彩乃

TOP 趣意書 会 員 協会史 お知らせ リンク 展覧会
寺田彩乃

寺田彩乃 てらだ あやの

作品名「生と死の輪」

【作家の言葉】

私は、大学在学時から、和紙を素材に使い、制作してきました。

そして、鍾乳洞やサンゴの骨格など固くても有機的な形をしたものや、同じ形が一つもないようにみえても規則性のある形の集まりのもののもつ、繊細さに惹かれそれらをモチーフに制作してきました。

今回の作品も同様に鍾乳洞のような有機的な岩のイメージで制作しています。
素材は和紙でできた糸を編んでいく技法を使っています。
和紙の糸は脆いのですが、それらが集まって結び合う事で一つの形が作られます。そして、形は無限に変化できます。
その様子が、生まれては必ず死に行く、しかし途切れる事のなく変化し続ける生命の輪廻の輪のようなので
『生と死の輪』という題にしました。

今回、行動展に出展するにあたり、久しぶりに作品を作り、作品をつくる事の楽しさを改めて実感できたので
これからも行動展に限らず機会があれば制作し、発表できたらと思います。


寺田彩乃

*TOP*趣意書*会 員*協会史*お知らせ*お問い合わせ*リンク*展覧会

Copyright 2001-2013 Kohdo Bijutsu Japan All Rights Reserved.