平成7年 ( 1995 )

昭和20年(1945)10月創立。翌21年秋、第一回行動展が開かれてから50年。9月1日都美術館食堂に於けるオープニングでは、記念展委員を代表して高井寛二会員が挨拶、また行動小史を野尻弘会員が、向井潤吉先生の神主姿を再現し訥々として語り、来賓の吉井忠・田中文雄両氏の祝辞をいただき、また鏡わり、劇団風の子による祭り囃子と、盛会のうちに終了。
翌2日、都美術館講堂に於いて記念展の受賞式があり、次で芥川賞作家の荻野アンナ氏の記念講演をいただく。
また本展開催に先だち、向井潤吉先生より次の通りお祝いのお言葉を頂戴する。

行動美衝協会御中

行動美術協会創立50周年を迎えて慶賀の極みです。創立会員同志とともに祝杯を交わすことができず、誠に残念ですが、満腔の喜びと感謝の気持をお届けするとともに、皆様の益々の御活躍と御会の発展を心から祈ります。

平成7年9月1日 武鹿野の一隅にて
向井潤吉

次なる51回展に向けてメンバー一同、今後の勉励を期しておりましたその秋、11月14日、創立会員の最後を見届けるように向井先生はお亡くなつになりました。まことに愁嘆の極みです。また今年に入って間もない2月12日、第一回展より御指導御冬力いただいた難波香久三会員がお亡くなりになりました。ともに衷心より御冥福をお祈りいたします。

   

第27回行動美術新人選抜展(平成8年2月8日)
東京新宿、紀伊国屋画廊にて開催、出品者

(絵画)星崎 千恵子・伊勢 美和・吉野 光子
    西尾 ちさ子・前田 香織・山岡 晴夫
    大須賀 朝世

(彫刻)水本智久・富谷 智  (以上9名)

   

退会

 斉藤 眞成 (絵・会員)・楢原 武正 (絵・会員)
 井上  昭 (彫・会員)・増田 与志子(絵・会友)
 田中 仁三郎(絵・会友)・市川 伸彦 (絵・会友)
 原田 隆幸 (絵・会友)・森  国枝 (絵・会友)
 新治  怜 (彫・会友)・池田 真一 (彫・会友)

   

記念品作成

   彫  刻:建畠 覚造

   Tシャツ:藤井 孝次朗

   

    

第50回展 記念展

     平成7年 1995
      9月1日−16日
     東京都美術館
        (第3棟B1・F1・F2)

  

 ・関西展(大阪)
    9月27日−10月2日
    大阪市立美術館

 ・中部展(名古屋)
    11月15日−20日
    愛知芸術文化センター

 ・福岡展
    96・5月31日−6月4日
    福岡市立美術館

 ・岡山展(中国・四国) 
    96・4月25日−30日
    岡山県総合文化センター

 ・米子展
    96・5月12日−22日
    米子市美術館

    

  新会員・会友     受 賞
      
 

会員推挙(絵画部)

 森下 良一  ・  中路 達也

 小杉 義武  ・  吉松 障子

 上川  伸  ・  伊藤 友七

 本田 義夫  ・  橋本 克豊

 矢元 政行  ・  早坂 貞彦

会員推挙(彫刻部)

 安松 洋子  ・  松井 孝夫

 恵村 正大  ・  多田 千明

 山本 英行

会友推挙(絵画部)

 藤井 達矢  ・  清田 博義

 矢板 晶一  ・  吉野 光子

 森川 浩孝  ・  森田 高夫

 石田 泰道  ・  西原 伊佐久

 星崎 千恵子 ・  岡   洋子

会友推挙(彫刻部)

 山口 裕之  ・  三島 雅裕

 富田  智

   



< 絵 画 >

第50回記念行動美術賞

  森下 良一

会友賞

  上川  伸  ・  松尾 文隆

  吉松 陽子

新人賞

  矢坂 晶一  ・  森川 浩孝

奨励賞

  妹尾 圭一  ・  吉野 光子

  森田 高夫  ・  西原 伊佐久

  伊勢 美和  ・  沖田  進

  大須賀 朝世 ・  西尾 ちさ子

  森井 宏青  ・  亀井 和代

T.T賞

  小杉 義武

安田火災美術財団奨励賞

  石田 泰道

     

    

< 彫 刻 >

第50回記念行動美術賞

  平野 元起

会友賞

  恵村 正大  ・  多田 千明

新人賞

  水本 智久

奨励賞

  富谷 智久  ・  馬場 美次

安田火災美術財団奨励賞

  藤岡 智紀

     

協会史に戻る